CR絶狼のスペック・期待値・ボーダー・止め打ち攻略

528 views

基本情報

スペック

機種名 CR絶狼
メーカー サンセイR&D
大当たり確率 1/390.60
高確率時 1/140.93
ST突入率 ヘソ:51.0%
電チュー:100%
時短回数 通常大当たり後、100回
賞球 ヘソ:3個
電チュー:3個
アタッカー:15個
その他:7 個
ラウンド数 12R・16R
カウント数 10カウント
導入開始日 2015年4月~

前作の牙狼金色に比べて、初当たり通常大当たりの出玉数とST継続率が低くなった分、ST中の出玉が大幅にアップしているのが印象です。

ST回数が増えたので、スルーと電チューを締められたら悲惨である。(逆に止め打ちを徹底してST中に玉を増やせればボーダーはかなり低くなる)

独自に算出したスペック

継続率(ヘソ) 62.08%
継続率(電チュー) 75.05%
平均連チャン数(初当たりから) 3.14回?
平均連チャン数(電チュー) 4.00回?
1回あたりの平均出玉(ヘソ) 1954.4個
1回あたりの平均出玉(電チュー) 2240個
初当たりからの平均出玉 6744.72個?
ボーダー 14.80回?計算した結果、他の機種に比べあまりにも低いので調査中です

※削り考慮無し
※独自に算出しているので多少の誤差はあります
※ボーダーの根拠は下記を参照して下さい

大当たりの振り分け

ヘソ入賞
12R(確変):ST195回 51%
12R(時短):時短100回 49%
電チュー入賞
16R(確変):ST195回 100%

出玉

12R 1,680個
16R 2,240個

※実質出玉数(取りこぼし考慮なし)

250玉あたりのボーダー

※有り得ない数値を入力するとマイナスの値になり、正確なボーダーを得ることはできません。
※根拠は下記を参照して下さい

期待値


※通常時は1時間で260回転回せると仮定(概算)
※通常時比率75%と仮定(概算)

電チュー止め打ち攻略

調査中になります。

ボーダーを計算する為の材料

ボーダーの結果だけを知りたい方は、ここから下は見なくても良いです。

大当たり1回当たりの平均出玉の計算

通常時:
  • 出玉1680個が51%
  • 出玉2240個が49%

削りを考慮せずに考えると、

(1680*0.51)+(2240*0.49)

=1954.4個

電サポ時
  • 出玉2240個が100%

2240個

削り考慮なし

平均連チャン数の計算

ヘソ当たりからのST突入率

時短引き戻し率を算出します。

1-(1-1/390.6)^100

=0.226124806746

ST突入率と時短引き戻し率を合成します。

(0.51*100)+(0.49*22.6124806746)

=62.080115530554%

電サポ当たりからの平均連チャン率

電サポ中は確変率が100%になるので、まずは大当たりが終了する確率を算出します。

(1-1/140.93)^195回転*100%

=24.9424740898%

そこから連チャン率を算出します。

100%-24.9424740898%

=75.0575259102%

平均連チャン数を算出します。

1/(1-75.0575259102/100)

=4.009225373552回

※時短終了時の保留は考慮していません

初当たりからの平均連チャン数

初当たり時の継続率は62.080115530554%で電サポ中の継続率は75.0575259102%になります。

37.91988446446%は単発で終了するので1連チャン

1連チャンをクリアすると、平均4.009225373552連チャンするので、

二つを合成すると

(0.3791988446446*1)+(0.62080115530554*4.447425363)

=3.14016564813回

トータル確率の計算

1/399.61*3.14016564813

=1/127.257617838719

=127.257617838719回

※平均ラウンドに対するトータル確率

トータル確率に対する大当たり1回あたりの平均出玉

ヘソ当たりの平均出玉は1954.4個、電チュー当たりの平均出玉は2240個になるので、

(1954.4+(2240*2.14016564813))/3.14016564813

=2148.92200219746個

※削り考慮無し、2連以上は全て電チュー消化と仮定

1,000円(4パチ)あたりのボーダー

127.257617838719/ (2148.92200219746個*4円/1,000円)

=14.804820476102回

低過ぎね?2015年2月17日時点でまだ詳細のスペックが発表されていないので、今、出回っているスペックが間違っている可能性があります。もしくは私の計算ミス(笑)

間違っていたら随時訂正します。

※等価交換で削り考慮無しで算出していますので、実際のボーダーはもっと高くなります。詳細のボーダーは計算ツールで算出して下さい

※独自の計算方法になるので、パチンコ雑誌や他のサイトと数値が異なります

スポンサーリンク

コメントお願いします!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)