ATとARTの違いを分かりやすく解説

76,554 views

パチスロ

当サイトは、基本的にはパチンコに関する機種情報であったり勝つ為に行うテクニックや考え方、パチンコ店のグランドオープン情報を提供しているサイトになりますが、アクセスが増えてきたので調子に乗ってパチスロに関する情報も提供していきたいと思います。

今回はその第一弾として、パチスロ初心者の方を対象に、「ATとART(ついでにRTも)の違い」について分かりやすく解説していきたいと思います。

ARTとは?

ARTとは、アシスト(A)リプレイ(R)タイム(T)の略語で、その名の通り、リプレイをアシストしてくれる時間のことです・・・意味分からないって??

  • A=ベルの押し順ナビ
  • R=リプレイの確率アップ
  • T=時間(そのまま)

と考えて頂くと分かりやすいかもしれません。

要は、通常時に比べて、リプレイ確率が大幅に上がるのでほとんどメダルを消費することは無く、尚且つベルナビが出現するので、メダルを増やしながら遊戯をすることが出来るという仕組みです。

RTとは?

RTはARTと同じようにリプレイ確率が上がるので、ほとんどメダルを消費することなく遊戯できますが、ベルナビ(A)が無いので、ARTの様に多くのメダルを取得することはできません。

ん、言い方が悪いですね。

ベルナビが無いからメダルが増えないと言うより、ARTに比べてベルの出現率が低いからメダルが増えにくいと言った方が分かりやすいかもしれません。

ATとは?

一方、ATにはR(リプレイ)が無いので、通常時もAT時もリプレイ確率に変化が無いと言うことです。

んじゃー、ARTよりATの方が損するじゃないかー!!

と思われるかもしれませんがそうではありません。

AT機を遊戯したことがある方ならお分かりいただけると思いますが、何故ならそもそもATは通常時もリプレイが揃いまくるからである。

通常時はボーナスを隠し成立させ成立したままの状態で打つ事で、ボーナス成立後のRTとしているからです。

(ボーナス後ボーナス図柄をずっと揃えていない状態)

そうです、AT機は通常状態=ボーナス確定状態なんです。

よくARTタイプなんかでボーナスが入った後はリプレイ確率が上がりますよね。この状態がRT状態と言えます。

んじゃー、この状態でボーナス図柄を揃えずに打ち続ければ、永遠にメダルを増やし続けることができるじゃないかー!イヤッホー!これでも俺も億万長者!!

と思っているあなた。世の中そう甘くはありません。

なぜなら、通常時はベルナビが無いからです。ベルナビが無ければ、結局メダルは減っていきます。

ですが、理論的には通常時でも押し順を完璧に当て続ければAT状態と同じメダルを獲得できます。(神がかり的ですが…笑)

どれぐらいメダルを増やすことが出来るの?

ART、AT、RT中の出玉率は、機種の純増により異なります。

パチスロ蒼穹のファフナー(ART機)であれば純増が2.2枚なので、 ART1G辺り平均で2.2枚メダルを増やすことができます。押忍!サラリーマン番長(AT機)だと純増が2.8枚なので、ART1G辺り平均で2.8枚メダルを増やすことができます。

ちなみにAT機の方が純増枚数が多く設定されていることが多いです。用はギャンブル性が高いということです。

平均ですよーー!

純増〇〇枚と言うのはあくまで平均なので、純増2.5枚なのに100G回して100枚しか増えないことだってあるし、逆に300枚以上のメダルを獲得することも可能です。要はメダルを増やす要因となる「ベル」をどれだけ引けるかで獲得枚数は変わります。

もっと言えば、ゴッド(ハーデス)はベルの払い戻しが15枚と多いので、余計偏る可能性があります。

意味が分からなかった方でも安心を・・・

AT、ART、RTはパチスロ初心者の方からしてみれば、内部的には凄くややこしいシステムですが、打ち手にはそんなことを理解していなくても問題無く遊戯できますのでご安心を。

てか、ATとARTって無くなるんじゃね?

私自身、パチスロに関してはあまり知識が無い(と言うか興味が無い)ので、詳しいことは知りませんが、どうやら2014年の夏ごろに警察庁から発表された「新規制」により、どの押し順でも最低出玉率が55%という規定が設けられたため、高純増のARTやATを作ることが実質的に不可能になったようです。

ですので、今後はジャグラーみたいなAタイプ、及び、RTのエバみたいなオマケ程度の純増スペックしか作れなくなるようです。(あくまでネットメインの情報なので真意は不明)

※この記事はあくまでATとARTの違いについての記事なので、このことについては、また機会があれば記事にしたいと思います

スポンサーリンク

トラックバック&コメント

  1. 通りすがりのもの より:

    僕の考え方です。

    よくART機のスペックで、純増1.3枚とか、1.5枚とかありますよね?
    これは、ART中の1G辺りに増えるメダルの数の平均値を表しており、Aタイプ(ノーマル機)には無いシステムになります。ボーナス中じゃないのになぜかメダルが増える謎のシステムです。
    ART中に100G回したとして、純増1.3枚で平均130枚増えて、1.5枚なら平均150枚増えます。
    何故メダルが増えるのかというと、「A(アシスト)」と「R(リプレイ)」があるからです。アシストは、ベルの押し順をナビしてくれるので、投資枚数(3枚)よりも多くの払い戻しがあるので、メダルが増えます。

    ただ、毎回ベルが揃うわけじゃないので、通常時と同じリプレイ確率だと、結局メダルは減っていきますよね。

    それを補うのがA(リプレイ)で、通常時よりリプレイの揃う確率をアップさせることで、ART中は、通常にに役なしだったものを、ほとんど全てをリプレイに変えることで、常に子役を出現させすことができ、実質的にメダルを減らすことなくゲームを消化出来るようになります。そこで、先ほど申した押し順ベルを揃えることで、その分のメダルを獲得することができるのです。

    回りくどい言い方をしましたが、結局ART中は、押し順ベルが出現し、更にリプレイ確率がアップする事により出玉を増やすことができるということです。

    では、ATの場合はどうでしょう。

    ATは先ほどのARTと違って「R(リプレイ)」がありません。

    では、AT中はリプレイが揃いにくいのか?
    決してそうではありません。なぜなら、そもそもAT機は、通常にリプレイが揃いまくるから、わざわざリプレイの確率を変える必要がないのです。

    あと、AT機に関してはボーナス(擬似ボーナスを除く)を搭載していません。
    しかし、最近のART機もボーナス非搭載の擬似ボーナスシステムを多く採用していますので、結局ARTでもATでも、実質的にゲーム性はそれほど変わらないですよね。

    変わるとすれば、通常時のリプレイ揃いの確率で、ATの通常時はやたらリプレイが揃います。ただ、かといってメダル持ちが良いわけではなくて、ベルが揃っても1枚~3枚しか増えませんので、逆にメダル持ちは悪くなる傾向にあります。

    それとAT機の方が純増枚数は多い傾向にあります。
    ギャンブル性の強いのはAT機と覚えておけばいいでしょう。

コメントお願いします!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)